ペットボトルウォーターサーバーがオススメな理由とは

ウォーターサーバーの利用は身近になり、現在各社様々な種類があります。
会社でウォーターサーバーを使っている方も多いのではないでしょうか。今回は家庭に置くメリットについてご紹介します。

赤ちゃんが産まれたことを機にウォーターサーバーを置く家庭が多くあります。
通常ではお湯を沸かし、ミルクを溶かしたらまた冷水なとで適温まで冷やさなければなりません。
しかし、ウォーターサーバーなら清潔なお湯も水もすぐに使えるため、温度の調整も手軽にできます。お腹を空かせて泣いている赤ちゃんを待たせずに済むのです。

赤ちゃんの居ない家庭でもウォーターサーバー、中でもペットボトルの物がオススメな理由があります。
それは震災時でも役立つということです。
近年、地震も多発しています。いつ被災者になってもおかしくありません。
実際被災した場合、水の支給はありますが容器不足が問題になっているのを実はあまり知られていません。並んで水を汲みに行っても、容器が500mlのペットボトルしかなければ一瞬でなくなってしまいます。飲み水の他、排泄物を流すことにも水を消費するのです。当然足りません。
地震の専門家によると、2リットルのペットボトルで6本程、飲み水は常備しておく方が良いそうです。常備していれば、飲み水が確保できる上、空いた容器で水を汲むことが可能なのです。
ペットボトルウォーターサーバーを自宅に設置しておけば、防災用にわざわざ買う必要もなく、且つ普段にも使えるので一石二鳥ではないでしょうか。